学校案内

学校案内

韓国に関する新しい発見が出来る、最高の場所
本校は韓国語及び韓国文化紹介の専門教育機関として同胞子弟に韓国語、歴史、文化等を幅広く教え、
韓国人としての民族意識と自負心を育むことを目的とする民族教育機関です。
また同時に韓日両国間の文化交流と友好関係を深める為に、 一般に広く門戸を開放しています。

名古屋韓国学校は、多くの施設に加え、名古屋駅からすぐ近くというとても恵まれた 環境にあります。
蔵書約6,000冊の本がある図書館や、広々とした大変使いやすい 料理室などもあり、学生達が利用しています。
名古屋韓国学校なら、韓国に関する新しい発見が出来る、最高の場所です。

皆さんも私達と一緒に、韓国の知識や理解を深めて行きませんか?
学校名 学校法人 愛知韓国学園 名古屋韓国学校
所在地 〒453-0012 名古屋市中村区井深町16-54
TEL 052-452-0321
FAX 052-452-1714
E-mail school@ngo-kangaku.net
授業内容 韓国語教室、舞踊教室、料理教室、書画班等
受付時間 平日 9:30~17:00 土曜日 9:30~16:00
設立 1962年
名古屋韓国学校は理事会によって運営されています。
理事会のページへ

地図

▲ ページの先頭へ戻る

学校沿革

1962年 9月
韓国政府の派遣教師金浜が赴任して民族教育のため学生募集を開始。
1962年10月
民団中村支部の講堂で授業開始。
1965年11月
新校舎が落成され 学園理事長鄭換麒就任。
1974年 9月
民族教育50時間義務制教育の実施のために9個分校を設立。
1975年 1月
学校法人の認可を得て、その名称を学校法人愛知韓国学園名古屋韓国学校とする。
1976年 6月
3名の招請教師が本国から着任。
1976年11月
民族教育50時間義務制教育修了者1,000名突破記念シンポジウムを開催。
1977年 8月
第14回在日韓国人教育研究大会を主管。
1982年 8月
第19回在日韓国教育研究大会を主管
1989年 9月
校舎の大々的な改修工事を完了。
1992年 8月
第29回在日韓国人教育研究大会を主管。
2002年 8月
第39回在日韓国人教育研究大会を主管。
2003年 5月
第3代学園理事長張永植就任
2008年 8月
第45回在日韓国人教育研究大会を主管。
2010年 7月
第7代学校長李孝心就任

▲ ページの先頭へ戻る

教職員挨拶

教頭(校監)挨拶
高麗大学の歴史学科卒業
韓国で4年ほど歴史の専任教師として務める。
来日して、名古屋大学文学部日本史修士課程卒業
日本史博士課程は中退しましたが、子育てと非常勤講師として愛知教育大学で韓国史7年間教える。
また東海高校でも韓国語・韓国歴史を教える機会を頂き、韓国での経験と思い出に再び感謝です。

本校の歴史に誇りを持ちつつ、皆様が韓国語を通して素晴らしき韓国に出会えるよう、
教職員と共に努めてまいります。

私の好きなKeywordは「感謝・努力・飛躍」です。
皆さんとの新しい出会いを楽しみにしております。
教員 金奈淑(キム ナスク)
愛知県立大学 文学部英文学科 卒業
韓国全北大学校 人文科学大学国語国文学科 卒業
名古屋大学 国際言語文化研究科 博士前期課程修了
通訳案内士免許取得(韓国語)

大学3年のとき、名古屋韓国学校で初めて母国語、そして私の本名に出会いました。
以来、韓国語を学びながら本校の先生方、友達からたくさんの幸せをもらいました。
2000年に、名古屋韓国学校に先生として勤めるようになって
ますますたくさんの幸せを名古屋韓国学校の皆さんからもらっています。
私の夢は、幸せを伝える教師になることです。
一つでも多くの幸せを皆さんに伝えることができるようがんばります。
教員 梁智那(ヤン ジナ)
ソウル市立大学 国史学科卒業
日本語通訳ガイド資格有
日本語通訳ガイドとして3年間勤務
来日してからは福井県で韓国語教室を開き7年間教える

韓国と日本は歴史の中で最も深い関わりを結んで来た国同士です。でもお互いが理解し合えないまま長い時間を過ごして来ました。
お互いを知るため言葉はその第一歩となるでしょう。
皆さんがその第一歩を踏み出せるようにお役に立ちたいと思います。
ハングルを始め、韓国の文化や歴史などを交えて楽しい授業に成るよう頑張って行きます。
教員 李承鉉(イ スンヒョン)

名古屋大学大学院国際開発研究科博士前期課程修了。
名古屋大学大学院国際開発研究科博士後期課程中退。
2007年愛知淑徳大学、2009年から愛知東邦大学で韓国語を教える。
2005年から名古屋韓国学校で勤めるが、出産で退職。 2009年から復職。


出産で一年間、名古屋韓国学校を離れていました。 その間自分がいかにこの仕事が好きだったかを実感しました。
再びこの学校で皆さんと出会えることに感謝しています。
外国語を勉強するということは単にその国の言葉を覚えるだけでなく、その国の文化を感じられることだと思います。
単語や文法を勉強するのも大事ですけれど、ベストはやはり「たくさんしゃべる」こと。皆さん、私と一緒に韓国語でたくさんお話してみませんか。
講師 李芝賢()

韓国 京畿道出身
2010年名古屋大学文学研究科博士後期課程修了
現在愛知淑徳大学、名城大学韓国語 講師

講師 閔ソラ()

ソウル大一外国語高等学校 日本語科、高麗大学校 日文日語学科 卒業
名古屋大学大学院 国際言語文化研究科 博士前期課程 修了
名古屋大学大学院 国際言語文化研究科 博士後期課程 在学中
2003年から韓国にて日本語・英語・韓国語などの家庭教師・講師として勤める
2010年4月来日、2011年度県立杏和高校韓国語非常勤講師

講師 朴善婤()

名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士後期課程在学中

講師 柳朱燕()

高麗大学校 生命科学部 卒業
高麗大学校韓国語講師養成課程修了
東北大学大学院国際文化研究科修士課程・博士課程修了
民団宮城・韓国教育院 韓国語教師として勤務(2007~2011年)
東北文化学園大学・東北外国語専門学校など非常勤講師として勤務(2008~2011年)

講師 吉川真代()

椙山女学園大学短期大学部英文科卒業
慶煕大学国際教育院へ留学
日本語教師養成講座修了
日本語教育能力検定試験合格
実用英語技能検定2級取得

講師 金英娥()

名古屋市立大学 人文社会学部卒業

講師 安蕙蓮()

名古屋大学大学院国際言語文化研究科日本語教育講座在学

講師 白明学()

韓国韓南大学大学院 文学研究科 修士課程修了
名古屋大学大学院文学研究科博士修得

講師 朴珠媛()

慶南大学師範大学 教育科卒業
韓国教育部認定2級教師資格修得

講師 呉恩英()

名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士課程修了後博士修得

▲ ページの先頭へ戻る