土曜初等部

教育運営

本校は普段は日本の学校に通う子供たちが、土曜日だけ韓国語や韓国の文化などを学ぶため通っています。

韓国語学習を中心に、韓国の大学生との交流や多様な体験プログラムを通して韓国の文化に自然に触れ、より近く感じてもらうことを目標としています。

国籍は問いません!楽しく韓国語や文化を習いながら相互理解を深め、国際的な感覚や価値観を養います。

準備コースの募集


翌年の入学に備えて、年中以上の子供たちを対象に毎年10月に「準備コース」を開設しています。
ネイティブの先生と歌や遊びを通して楽しく自然に韓国語に触れていきます。
目的
毎日日本語の教育を受けている児童に「韓国語」を耳から注入し、韓国語に慣れさせること。
意義
初等部の課程に入る前、韓国語に慣れるように日常生活語と挨拶、遊びなどを通して、韓国語で先生達と一緒に
2時間を過ごすというコースを考案し、韓国の文化と習慣、遊びを通して自然に身につける。

▲ ページの先頭へ戻る

講座内容

【土曜初等部】 講師名 講師からのコメント
週1回(1年間) / 授業料30,000円
1組 鄭有卿 ハングル文字をはじめから学びます。歌やビデオ教材等を用いて子どもたちが無理なく楽しみながら自然にハングルの基本文字の読み・書き、挨拶ことば等、基本的な日常の会話ができるように指導します。
2組 朴裕子 2班では、現在15名の子どもたちが学んでいます。両親が韓国人、両親のどちらかが韓国人の子どもや、韓国からの帰国子女の日本人の子どももいます。それぞれの子どもたちが、教室で自らのアイデンティティを尊重されながら、楽しく学んでいます。
3組 劉静煥 3班はハングルの子音と母音を知っている子供達に対し日常生活に必要な最小限の会話ができるようにがんばることです。 絵と歌を取り入れて分かりやすく、 楽しく勉強するのが目標です。
4組 梁智那 簡単な日常の会話が出来るよう頑張りましょう!また、数字を覚え、日付、時間などを言えるよう頑張りましょう! 韓国の文化や歴史にも触れながら皆が仲良く楽しく勉強できるよう頑張っています。
5組 宋聖圭 このクラスでは、実際、韓国で多く使われている会話を中心に勉強していきます。日常生活で必要とする言葉や公共施設を利用するのに必要な言葉・表現等を身につけるとともに、発音と文法もしっかりと勉強します。この授業を通じて子どもたちが韓国語の上達はもとより韓国という国をより身近に感じることができればと思います。
  • 7月11日
    初等部文化教室として、
    テコンドーダンスの授業がありました。
  • 7月11日
    横浜で在日韓国人学生ウリマル大会があり、
    見事に名古屋韓国学校初等部の学生が1位の
    大賞を受賞しました。

    在日韓国人学生ウリマル大会 最優秀賞
       >>作品を読む

▲ ページの先頭へ戻る